結婚祝いのマナー|結婚祝いのプレゼント選びのポイントとおすすめの品について

結婚祝いを贈る際に覚えておきたいマナーについて

結婚祝いのマナー

ギフト

結婚祝いとは

仲の良い友達や親戚が結婚したら、結婚祝いとして何かプレゼントを贈ることもあります。この結婚祝いのプレゼントを贈る際は、相手のことを考えプレゼントを選ぶとともに、きちんとしたマナーを覚えておいたほうが良いでしょう。

結婚祝いは結婚式の1周間前までにはわたす

まず、結婚祝いとは、結婚式の前に贈るということを覚えておきましょう。直接相手の家に持っていってわたすか、配送がおすすめです。結婚式直前は新郎新婦ほとても忙しいですし、結婚式の当日は荷物が多いので、前もってわたすよう心がけましょう。

結婚祝いについてのマナー・注意点

ご祝儀の金額

披露宴に参加する際に、ご祝儀はどのくらい包めば良いのか相場がわからない場合があるかと思います。一般的にはだいたい3万円ほどです。ご祝儀をわたす相手が親戚の場合でも、親しさで金額は変わりません。

夫婦で招待された場合のご祝儀の金額

もし夫婦で結婚式に招待された場合、ご祝儀の相場はだいたい5万~10万円程度です。また、お祝い金を包む場合は4万円と9万円を避けるようにすることをおすすめします。なぜなら、4という数字は死を意味してしまい、9という筋は苦を意味してしまうからです。そういった数字にも気をつけてご祝儀を贈るようにしましょう。

披露宴に招待されていない場合

披露宴に招待されていない場合にお祝いとしてお金を贈る場合の相場は1万~5万円ほどです。また、披露宴に出席できない場合に知り合いに包んだお金を一緒にわたすことも多いですが、これはマナーとして失礼に当たるので注意しましょう。

結婚祝いに送ってはいけない品

結婚祝いでは送ってはいけない品物があります。それは、縁を切るという意味のある刃物類です。また、割れるという意味のある陶器も結婚祝いの品としては避けた方が良いでしょう。

大安の日を選ぶ

相手の自宅に直接結婚祝いを届ける場合は、大安の日が良いとされています。大安の日とは、全てにおいて運の良い日という意味があります。通販で相手の自宅に届ける場合も、日付の指定ができるものを選び、大安の日を選ぶことをおすすめします。

広告募集中