あ 道具

出会いを求めるネットの場を使っている人達に問いかけてみると、大部分の人は、人恋しいと言うそれだけの理由で、ごく短期間の関係さえ築ければそれで構わないと言う考え方であ 道具を使用しています。
要はあ、キャバクラに行く料金ももったいなくて、あ風俗にかける料金もかけたくないから、お金の要らないあ 道具で、あ「手に入れた」女の子で安上がりで済ませよう道具、と捉える中年男性があ 道具を活用しているのです。
男性がそう考える中、「女子」側では相違な考え方を備えています。
「相手が熟年でもいいから、何でもしてくれる彼氏が欲しい。あ 道具をやっているおじさんは100%モテない人だから、道具美人じゃない女性でもおもちゃにできるようになるわ!思いがけず、道具タイプの人に出会えるかも、中年太りとかは無理だけど、イケメンだったら付き合いたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
平たく言えば、あ女性は男性のルックスか経済力がターゲットですし、道具男性は「安価な女性」を標的にあ 道具を用いているのです。

あ 道具について押さえておくべき3つのこと

双方とも、あまりお金がかからないお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そして遂には、道具あ 道具を適用させていくほどに、男は女性を「品物」として見るようになりあ、女性も自らを「売り物」としてみなすように変わっていってしまいます。
あ 道具の使用者の頭の中というのは、徐々に女を精神をもたない「物」にしていく感じの危うい「考え方」なのです。
筆者「ひょっとして、芸能界に入るにあたって下積み時代を送っている人ってサクラを仕事にしている人が大勢いるのでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうだと聞いています。サクラのアルバイトって、シフト他に比べて自由だし、あ僕みたいな、急にライブのが入ったりするような職に就いている人種には求めているものなんですよ。不規則な空時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「得難い経験になるよね、女性としてやりとりをするのは難しいけど我々は男目線だから道具、自分の立場から言われたいことを相手に伝えればいい訳だし、男の気持ちがわかるわけだから、相手もたやすく食いついてくるんですよね」

知らないと恥をかくあ 道具の基本

A(メンキャバ一スタッフ)「意外な話道具、女の子でサクラをやっている人は男性客の心理がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
ライター「女性のサクラより、男性がサクラをやる方が秀でた結果を残しているのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「はい、そうです。秀でた成績を残しているのは大体男性です。けれどもあ、僕は女性の役を作るのが上手じゃないので、あいつも目くじらを立てられてます…」
E(某有名芸人)「知られている通りあ、不正直ものがのし上がるワールドですね…。女の子を演じるのが大変で…俺らも苦労してます」
筆者「女性の人格を演じるのも、思った以上に苦労するんですね…」
女性キャラクター役のやり方についてのトークで盛り上がる彼女ら。
その会話の中で、ある発言をきっかけとして、自らアーティストであるというCさんに関心が集まったのです。
筆者「はじめにあ、全員があ 道具を利用して女性と会うようになったいきさつを順々に話してください。
招待したのは、高校を卒業せずに五年間ほぼ自室にこもっているA、サイドビジネスで暮らそうと頑張っているB、規模の大きくない芸能事務所でレッスンを受けてアクション俳優になろうとしているC、ああ 道具なら任せてくれと語る、ティッシュ配り担当のD道具、五人目は、新宿二丁目で水商売をしているE。
誰もが二十歳から二十五歳までの若いメンバーです。
A(引きこもり中)「俺は引きこもってるんですけど、ネット上ですごくルックスのいい子がいてあ、相手の方からメールをくれたんです。その次に道具、あるサイトにユーザー登録したら、あメアド教えるって言われてアカウント取ったんです。その後は直メもできなくなったんです。ただ、他の女性とは何人かいたので。」
B(せどりに)「最初の方はやっぱり自分もメールを何回かして。モデルかと思うくらいきれいで、道具一目ぼれでしたね。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトも出会えないケースが多いって話だったので、なかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、前と変わらずに利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「私はというと、道具役作りにいいかと思ってアカウント登録したんです。あ 道具がのめり込んでいく人物の役をもらって私も実際に使ってみました。
ティッシュ配りのD「僕はですね、道具友人でハマっている人がいて道具、感化されて始めた感じですね」
後は、トリを飾るのがEさん。
この方に関しては、大分特殊なケースでしたので、ハッキリ言って1人だけ全然違うんですよね。